2歳差姉妹の子育てに奮闘中!のママが子育て中心のお役立ち情報を発信するブログです。家計改善にも力入れています!!

小学校はお金かからない?だいたいこれくらいかかっています(実例)

2022/08/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

小学校に通っているうちはお金がかからないから、今のうちに貯金を!というのはよく聞く話。

 

でも実際に、子供が小学生のうちは本当にお金がかからないのでしょうか。

 

今回はわが家の実例をもとに、小学生はお金がかからないのかどうか検証しました。

 

小学校の学費はいくら(公立小学校の場合)?

公立小学校の場合、学費といっても給食費がほとんどを占めています。

 

授業料はないですからね。

 

それにプラスして教材費やPTA会費などが入ってきます。

 

5,6年生の高学年になれば、修学旅行などのための積立金の分が増えます。

 

うちの場合はまだ低学年や中学年なので積立金がなくて、だいたい月に5,000~6,000円に収まっている感じです。

 

高学年になったら8,000円前後くらいになる予定です。

 

 

あとは年に一度ほど何かしらの学用品を買うといったところ。

 

絵の具セットや習字セット、リコーダーに鍵盤ハーモニカ、彫刻刀やら裁縫道具などなど。

 

そういったものに費用がかかるといったところですね。

小学生の習い事、費用はどれくらい?

スポンサーリンク

小学生の習い事は、本当もう…人によって全然違うといったところ。

 

うちの地域は、何かしらやっている子が多いですね。

 

うちの娘たちの場合は、今のところ進研ゼミとピアノとスポーツ系の習い事です。

 

二人合わせて月に4万円弱かかっています。

 

習い事と学校の費用と合わせて、うちの姉妹の場合は月にだいたい5万円強はかかっていますね。

 

仕事をしている場合は学童の費用も

小学生の特に低学年はかなり早めに帰宅します。

 

お留守番できない場合は学童保育のお世話になることになります。

 

学校にある学童は自治体によってかなり差があるらしく、うちの地域では1万円弱。

 

民間学童は遅い時間まで預かってくれたり、習い事があったりで充実した時間を過ごせるようです。

 

でも毎日通うとなると5、6万円かかるとか。

 

中学受験を考えているならその費用も

中学受験は基本塾にいかないと難しいので、その費用もなかなかかかります。

 

夏期講習とかになると数十万円必要となる塾も。

 

幼稚園時代はどうだった?

姉妹で同時通園していた頃(1年間)は月に6万円強の保育料を払っていました。

 

その時に長女は月6,000円ほどの習い事をひとつしていましたが、次女はしてなかったです。

 

その頃と比べると今の支出はあまり変わらないかなといった感じ。

 

 

幼児教育無償化は次女が年中の10月に始まったように記憶しています。

 

その無償化して後に支払っていたのはだいたいバス代と雑費くらいだったので、だいたい月に5,000円ほどでした。

 

その頃は習い事の量も少なかった+幼児で料金を安かったので、その頃に比べれば今は倍くらいの金額を払っていますね。

 

小学校はお金がかからない?習い事や学童による!!

公立であれば学校自体の費用はほぼ給食費(しかも食材費のみ)なので、そんなにたくさんはかかりません。

 

習い事をどれくらいしているか、学童を利用しているか、している場合どういう学童かにより金額にかなり差が出ます。

 

一概にお金がかからないとは言えないというところです。

 

それでも中学生や高校生の受験生の塾や予備校費に比べれば、かわいい方かもしれないですね。

 

さいごに

小学生でも習い事や学童によってお金がかかるかどうか変わります。

 

一番お金がかからないといわれている時期ではありますが…。

 

正直人によるよなぁと感じています。

 

結構お金かかるというのが本音です。

 

でもきっとこの先の方がお金かかるんだろうな。

 

中高大学生の子供さんがいるママさんが、お金がすごい勢いでなくなっていくよ…って嘆いていたの思いだしました。

 

…皆さん一緒にがんばりましょう。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 2歳差姉妹子育て中ママのかわいい毎日 , 2022 All Rights Reserved.