食費の節約。予算オーバーにならないコツとは?

      2017/08/01

スポンサーリンク

わが家は4人家族(夫婦+幼児2人)で食費を35,000円を予算にしています。

 

5月はうまく予算内で収められたのですが、6月は2,000円ほどオーバーしてしまいました。

その原因を探り、さらに予算オーバーにならないコツを考えたいと思います。

 

家族の体調不良が原因かと

6月は長女が2回発熱し、私もその長女が最初に発熱した直後に1週間ほど寝込みました。

そのせいで食費がかさんだと思われます。

 

まず長女が発熱で幼稚園をお休みすると昼食を用意しなければいけません。

さらに私が体調不良で寝込むとスーパーのお総菜などに頼らざるをえません。

 

そして使うはずだった野菜たちはしなびてしまい使えなくなってしまいました…

もったいないですね(>_<)

 

その結果予算オーバーしたんじゃないかと思います。

 

普段から体調不良など不測の事態に備える

スポンサーリンク

節約するにしても何をするにしても体調を整えておくことは大事なことです。

 

 

ただどんなに気をつけていても小さな子供はしょっちゅう体調不良になりますし、

その看病で食事の準備がしにくかったり、その看病疲れから親が体調を崩すことも考えられます。

 

そうなることはありえる話だとして対策を立てておくことが

予算オーバーを防ぐコツではないかと思います。

 

冷凍食品やレトルト食品などを常備しておく

3日から1週間分くらいの食品は常備しておくことが大事だと思います。

安い時にまとめ買いすると支出も減らせます。

ただ安くなっているときは賞味期限が近くなったいることもあるので、買う時は必ず確認しておきましょう。

 

更に災害への対策にもなりますね。

 

生鮮食品は長期保存するように処理しておく

傷みやすいものは買ったその日や翌日に使う。

それ以外に冷凍保存できたりするものは、買ってきたその日に使う分以外は冷凍してしまう。

 

これだけで傷んで捨てることになる食品を減らすことができると思います。

面倒ですがこれをやるかやらないかでは食品廃棄率下がりそうですね。

 

まとめ

不測の事態になったときにどれだけ家にあるもので対策できるかが

予算を守るためのポイントであると思います。

 

そのためにもいろいろとストックできる食品を日頃から準備しておきましょう!

スポンサーリンク

 

 

 - 節約などお金の話