2歳差姉妹の子育てに奮闘中!のママが子育て中心のお役立ち情報を発信するブログです。家計改善にも力入れています!!

そうめんを離乳食に!いつから?塩抜きは?忘れたらやばい??

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

赤ちゃんが大きくなってくると気になるのが離乳食のこと。

特に初めてのお子さんの場合は

かなり気を遣われるのではないかと思います。

最初はおかゆから始めることがスタンダードですが、

進んでくるといろいろな炭水化物を試すことになります。

その中でも、とても扱いやすいそうめんを

今回はご紹介したいと思います。

いつから食べさせられるのか、

塩抜きの必要性やそのやり方について

書いています。

 

そうめんで離乳食。いつから食べさせられる?

そうめんは離乳食初期からOKです!

おかゆや野菜に慣れた頃から

スタートさせるようにしましょう。

 

はじめはすりつぶしてペースト状に

したものがいいです。

細いので簡単につぶせますよ。

慣れてきたらペーストのものから

細かく切ったものにしていき

離乳食が更に進んできたら少しずつ長めのものを

食べさせていきましょう。

 

冷やしそうめんだと体を冷やしてしまいますので

にゅうめんがおすすめです。

ただし塩分やアレルギーが気になる場合は

離乳食中期以降にしましょう。

 

アレルギーの可能性を考慮して

最初は平日昼間に(小児科があいているとき)

少しだけ試して何もなければ少しずつ

増やしていってくださいね。

 

そうめんは離乳食に便利

私も長女・次女ともに離乳食でそうめんを使っていました。

とにかくそうめんは便利だった記憶があります。

 

クタクタになるように長めに茹でますが

それでもかなり茹で時間は短くてすみます。

そして細いのでうどんよりも細かくしやすかったです。

ツルツルした食感がいいのか

娘2人ともよく食べてくれました。

 

細かくするのを茹でる前でも

茹でた後でもできるのも便利でした。

茹でたものを冷凍保存もできちゃいますし、

かなり優秀な食材だと思います。

 

そうめんの塩抜きは必要?

 

スポンサーリンク

 

そうめんは塩分が結構含まれています。

そうめんの乾麺100gで

だいたい4gほどの塩分が含まれています。

そしてそれを茹でますと

だいたい0.3g前後にまで減ります。

結構減りますが、それでも赤ちゃんにとって

この塩分量では体に負担がかかります。

 

ちなみに離乳食が始まる5~6か月頃の塩分摂取目安量は

~5か月→0.3g

6~11か月→1.5g

と言われています。

この量を基準にしますと

そうめんを普通に茹でただけでは塩分が気になります。

大人が食べるそうめんをそのまま食べさせるのは

赤ちゃんにとって塩分過多になるので気をつけましょう。

ではどのようにすれば離乳食に使えるようになるのでしょうか。

 

塩抜きのやり方ってどうするの?いつまでする?

そうめんを茹でただけでは塩分が結構残っています。

この塩分を減らすのが塩抜きです。

塩抜きって聞くと何か特殊なことをするのかと思いがちですが、

とっても簡単です。

それはゆであがったそうめんを水で更に洗うか

水にさらしておくかのどちらかです。

ご自分がやりやすい方法でどうぞ。

塩抜きは離乳食完了期まで続けましょう。

 

そうめんの塩抜き忘れそう(>_<)と思うなら…

そうめんの塩抜きが面倒だなぁと感じる場合は

赤ちゃん用のそうめんや食塩不使用そうめんなどを

使うと便利でいいです。

 

離乳食が始まる頃って生後半年ほどなので

育児疲れからか結構塩抜き忘れた!と

うっかりしてしまうことも。

はじめから塩分使用していないものなら

その心配がないので離乳食専用でそういったものを

用意するといいかなと思います。

しかも離乳食用のものなら、

あらかじめ短めに切られてあるので

ひと手間省けちゃいます。

 

まとめ

離乳食にそうめんはとても便利です!

塩分多めなので塩抜きは必要ですが、

忘れそうだったり面倒なのであれば

食塩不使用のものや離乳食やベビー用を使えば

かなり手間が省けます。

上手に使って赤ちゃんと楽しいごはんタイムを

過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 2歳差姉妹子育て中ママのかわいい毎日 , 2019 All Rights Reserved.