キッチンバサミで普段の料理も離乳食も簡単に。便利な使い方。

   

スポンサーリンク

わが家のキッチンでなくてはならないのはキッチンバサミ。

なくても何とかはなりますが(笑)

やはり手間が全然違います。

キッチンバサミのおかげで随分楽させてもらっています。

 

今回はキッチンバサミの活用法をまとめたいと思います。

 

わが家のキッチンバサミは2つ

 

わが家のキッチンバサミは2つ。

先が丸いものと先が尖っているものを使い分けています。

 

先が丸いものは主に娘たちの食べるものを小さくするのに使っています。

先が丸くないと食器を傷つけてしまうんですよね。

そういう理由でこちらを使っています。

 

先が尖っているものは肉や魚などを切るのに使っています。

細かい作業がしやすいです。

 

キッチンバサミの便利な使い方

スポンサーリンク

肉や魚を切る

キッチンバサミで肉や魚を切るとまな板が汚れなくていいです。

洗い物が減りますね。

包丁より切りやすいので不器用な方も楽に切ることができます。

 

たこさんウインナーを作る

たこさんウインナーの足の部分は、キッチンバサミを使ってチョキチョキ切込みを入れると

ととても簡単にできますよ!

他にもいろんな切り方でキャラ弁も作りやすくなります。

私はたこさんウインナー位しかしませんが(笑)。

 

ネギや三つ葉を切る

こちらも肉や魚同様、わざわざまな板出さなくても切れるので洗い物が減ります。

 

麺類を切る

長くて食べにくい麺を切るのにも最適です。

特に離乳期以降の小さなお子さんの場合、

あるとないとでは食べさせやすさが全然違います。

 

根菜類を細かくする

これも離乳食期によくやっていました。

根菜類って小さく切りすぎると柔らかくなりにくいので、

ある程度の大きさで煮てからキッチンバサミで切っていました。

 

葉物類を細かくする

これも離乳食期にやっていました。

どうしても葉物って離乳食用プラスティックのハサミでは切りにくいので、

キッチンバサミで切っていました。

繊維が断ち切れるので食べやすそうでしたよ。

 

まとめ

キッチンバサミは調理時間も後片付けの時間も減らしてくれます。

離乳食を作るときにもとても役に立ちます!

とりあえず100円均一などの安いものもあるので、試してみてください。

スポンサーリンク

 

 

 - 家事, 育児の悩み解消法