ピアスは子育て中はダメ?ママにおすすめのアクセサリーとは?

      2018/01/04

スポンサーリンク

子供が生まれるとなかなかアクセサリーをするのが難しくなりますね。

子供の体に触れたときに傷つけてしまったら…

どうしてもそう思ってしまいます。

 

でも!

意外に使えるもの、形やデザインを選べば大丈夫なものもあります。

 

今回は私の経験をふまえて、小さい子供がいても大丈夫なアクセサリーをご紹介します。

小さなお子さんがいる方のアクセサリーを選ぶ際に、参考になればうれしいです。

 

関連記事:結婚指輪はハーフエタニティだと後悔なく、子育て中でもOK!

使えるアクセサリー

指輪

指輪はタテ爪とかゴツイものでなければ大丈夫でした。

普通の結婚指輪レベルならまず問題ないと思います。

私はハーフエタニティの指輪を使用していますが、特に問題はなかったです。

 

 

ブレスレット

こちらも華奢なデザインのものならまず大丈夫です。

でっぱりのあまりないフラットなデザインのものがオススメ。

私もそういうタイプのものを使っています。

 

やめておいた方がいいもの

スポンサーリンク

ネックレス

ネックレスは、まだ抱っこをする年齢の子供がいる場合、避けたほうがいいです。

 

一度ネックレスをして抱っこひもで子供を抱っこしたら

ネックレスのあとが娘の顔にクッキリ残っていました。

すぐに消えましたが、やはりネックレスはダメだと思いました。

 

子供が幼稚園に入ると抱っこする機会もかなり減るので、その頃なら

ネックレスつけても問題ないと思います。

 

ピアス

特にぶら下がりタイプやフープタイプはやめておいた方がいいです。

ひっぱられると痛いですし、抱っこしたときにひっかかることも…。

 

一粒タイプの小さ目のものなら私は大丈夫でした。

が、子供によっては気になってひっぱってしまったりするので、

できればあまりつけないほうがいいかもしれません。

 

きちんと収納はしておきましょう。

どれを使うにせよ、きちんと子供の手の届かないところに

収納するようにしてくださいね。

 

子供が外した指輪をドロップのように口に入れて舐めていた…

というおそろしい話も近くで聞いたことがあります。

 

私は子供が入らない部屋(チャイルドガードが入り口についている)に

収納しています。

今のところ持っていかれたということはないです。

 

まとめ

デザインを選べば意外にアクセサリーは使えます。

基本小ぶりなもの・華奢なデザインのものなら

子供を傷つけること少ないと思います。

 

小さい子どもの育児中は何かと制約が多いもの。

ひとつでも楽しみを見つけて乗り切っていきましょう!

スポンサーリンク

 - ママのファッション・美容情報