天王寺公園にあるボーネルンドの運営する、プレイヴィルに行ってきました。

   

スポンサーリンク

春休み、何しよう…

春休みが始まってすぐに思ったのはこのことでした。

そして春休み始まってすぐに実家の両親がお昼ごはんを食べようと提案してくれました。

場所は天王寺。

お昼ごはんのあとどうしようか…と思っていた時。

以前天王寺動物園に行くときにボーネルンドが運営している遊び場がその近くにあることを思い出したので、急遽そこにいくことにしました。

 

プレイヴィルとは…

室内の遊び場キドキドと屋外の遊び場を兼ね備えた、ボーネルンドが運営する遊び場のことです。

 

キドキドは全国各地にありますが、プレイヴィルは今のところ(2017年4月現在)大阪・天王寺にしかありません。

ちなみに↓の案内図がエントランス付近に出ています。

室内遊び場はキドキドのようにおままごと遊びができるようなものはないです。

どちらかと言えば体をダイナミックに動かす遊具が多い印象でした。

歯車作ったりするようなパズルっぽいものはあります。

 

普段の利用料は子供+大人で1500円。

子供1人追加で1000円、大人1人追加で500円です。

時間制限はなくて、再入場も可能です。

朝から行って途中お昼ごはんに一度退出。

そしてごはんが終わればまた遊ぶ!ということができちゃうので、お得です。

 

ちなみに長期休み中などの繁忙期は3部の入れ替え制になっています。

利用料金も変わってきます。

行く前にぜひ公式サイトで確認してみて下さいね。

スポンサーリンク

2歳児も4歳児も大はしゃぎ!

2歳の娘は特に室内遊び場のボールプールがおもしろかったらしく、ほぼここにいました。

ボールプールは別に他の室内遊び場でもあるんですけどね…(笑)。

 

4歳の娘はあちこち行っていましたね。

歯車作って動かしてみたり、磁石のパズルでいろいろ作ってみたり。

 

でもメインは次女と一緒にボールプールでした…。

ボールプール、家に買おうかなとちょっと思ってしまいました(笑)。

掃除が大変そうなので躊躇しています。

 

しかし、長女もほぼ室内遊び場のゾーンのみで遊んでいました。

ちょっとこの日は寒かったからかもしれません。

いろいろとこうしておいたらいいなと思ったこと。

今回行ってみて次回行くときに気をつけるといいかなと思うことです。

汚れてもいい洋服を準備

プレイヴィルではどろんこ遊びや絵の具で絵を描いたりすることができます。

一応エプロンなどはありますが、子供のことなのでどこまでカバーできるか…。

なので汚れてもいい洋服でいった方が気にせず遊べていいかと思います。

 

今回は急きょ行くことになり、長女はお気に入りのお洋服で行ったのでどろんこ遊びや絵を描いたりする遊びは今回しませんでした。

もともとどろんこ遊びはあまり好きではないようですが、絵を描くのは好きなのになんでかな?と思い、後で長女に聞いてみるとやはり汚れることを気にしていたようです…。

事前にトイレは済ませておく

プレイヴィル内にトイレは1か所しかありません。

常に誰かが待っている状態でした。

なので入場・再入場する前に別の場所でトイレは済ませておくといいんじゃないかと思います。

ちなみにプレイヴィルのすぐ横に公衆トイレはありました。

どうしても我慢できないときはそちらを使うといいんじゃないかと思います。

お弁当を持っていくと節約になるかも。

プレイヴィルのある「てんしば」という場所は大半が芝生の広場になっています。

そこにレジャーシート広げてお弁当を食べるとピクニック気分も味わえて特別な1日になるかと思います。

手作り弁当じゃなくても、てんしば内にはコンビニ(ファミリーマート)もあるのでそこで食料調達!も楽でいいですね。

てんしば内にはカフェも数件ありますし、少し歩けば百貨店やら他の飲食店もたくさんあるので、ごはんに困ることはないです。

まとめ

急きょ行ったので何かと準備不足でしたが…

子供たちはなかなか帰りたがらずでした。

よっぽど楽しかったんだと思います。

なんとかお菓子で釣って帰ってきました。

 

遊ぶ場所に困っている方、子供との遊びにマンネリを感じられている方は一度行かれてみてはどうでしょうか。

赤ちゃん(18か月まで)の専用スペースもあるのでどの年代の子供(12歳まで)でも楽しめるかと思います。

スポンサーリンク

 - こどもと一緒にいったところ・したこと