インフルエンザB型の症状は下痢や嘔吐?うちの子供の体験談。

   

スポンサーリンク

先日、インフルエンザのB型に娘2人が罹りました。

インフルエンザB型の症状とはどんな感じなのでしょうか?

今回の娘2人がどのような症状が出て、どのような経過をたどったのかを

書き残しておこうかと思います。

誰かのお役に立てたらうれしいです。

 

一般的なインフルエンザB型の症状

インフルエンザには大きく分けるとA・B・C型があります。

 

一般的にB型の症状は

 

・高熱

・寒気

・筋肉痛

・関節痛

・下痢

・嘔吐

 

と言われています。

ただ今年の傾向なのか、B型は高熱が出にくいとは言われているようです。

 

次の章から長女と次女のインフルエンザの症状とその経過を書き記します。

発熱した日を発症0日目としているのは、幼稚園や学校の出席停止期間の数え方で

このようにしています。

 

長女(5歳)のインフルエンザB型の症状&経過

発症0日目

夕方に発熱。

38℃台後半。

 

発症1日目

正午ごろにインフルエンザの検査(発熱から18時間ほど経過)。

結果は陰性。

一向に熱は下がらずずっと38℃台。

食欲はイマイチ。ただずっと遊んでいて元気。

鼻水がよく出る。

 

発症2日目

午前に再び病院へ。インフルエンザの検査(発熱から40時間ほど経過)。

結果は陽性。

 

昼食後からタミフルを服用。

午後から急激に元気がなくなり、その後40度まで熱が上がる。

就寝前に解熱剤を飲む。

それでも38度位までしか下がらず。

 

発症3日目

朝夕とタミフルを服用。

熱は37度台前半辺りまで落ち着く。

体力の消耗が激しいのか、普段はしない昼寝(2時間ほど)をしていた。

夕食から食欲回復。

 

発症4日目

朝夕とタミフルを服用。

熱は36度台後半まで下がる。

昼寝をしていた(1時間半ほど)。

本日熱が下がったので入浴。

 

発症5日目

朝夕とタミフルを服用。

熱は37度台。

今日もやはり昼寝をしていた。

 

発症6日目

朝夕とタミフルを服用。

熱は36度から37度台前半に。

咳が出始める。

この日は昼寝はせず、いつもよりかなり早めに眠ってしまった(夜の7時頃)。

 

この後、週末に突入し週明けから幼稚園へ登園。

幼稚園に登園するころには咳も止まっていました。

 

次女(3歳)のインフルエンザB型の症状&経過

スポンサーリンク

発症0日目

夜中に発熱。インフルエンザの検査(発熱から10時間後ほど)。

結果は陽性。

昼食後からタミフルを服用。

熱は下がらず最高は39.8度。

とにかく機嫌が悪くグッタリしている。

鼻水がよく出る。

昼と夜に解熱剤を飲ませる。

 

発症1日目

朝夕タミフルを服用。

熱は下がらず38度台。

昨日よりは少し元気に過ごせるようになる。

食欲はイマイチ。

 

発症2日目

朝夕タミフル服用。

熱は37度~38℃あたりを行ったり来たり。

見た目は普段通り。

食欲は少しずつ回復。

鼻水はほとんど出なくなった。

 

発症3日目

朝夕タミフル服用。

熱は37度台。

見た目は普段通り。

 

発症4日目

朝夕タミフル服用。

熱は37度前後をウロウロ。

 

発症5日目

熱は36度台に。

咳はしているが、ほぼ通常通り。

 

その後2日ほどで咳も止まり、体調は戻りました。

 

娘2人のインフルエンザに共通するもの

寝ている時間が長い

インフルエンザにかかっている最中は2人とも昼寝が必須でした。

次女はもともと昼寝する日としない日とありますが、この期間中は毎日していました。

更に熱が下がってから1週間ほどは昼寝をするか、

夜寝る時間がいつもより1時間以上早い日が続きました。

 

下痢・嘔吐の症状なし

インフルエンザB型では下痢や嘔吐の症状が出ることがよくあるそうです。

ただ娘2人とも特にそういったことはありませんでした。

 

一度長女がおなかが痛いと言っていたことがありますが、

特に下痢であったということもなかったです。

 

私も10年ほど前にインフルエンザのB型に罹ったことがありますが、

このような消化器系の症状は全くありませんでした。

 

熱が下がってから痰がからんだような咳をする

これは病院の先生から、痰がからんだ咳が出てくるだろうとは言われていました。

2人とも2~3日でこの咳は治まりました。

 

さいごに

思っていたよりも熱がなかなか下がらずでした。

 

出席停止で自宅待機期間が長かったのが地味に辛かったです。

熱が下がらないけれど、なぜか元気な子供が2人いる。

気分転換に散歩というわけにもいかず、

ごはんが終われば次のごはんの献立やらおやつは何?と聞かれて

なんだかずっと追い立てられるような日々でした。

 

インフルエンザの患者さんは減ってきたとはいえ、まだまだ油断できません。

皆さまもお気をつけ下さい。

スポンサーリンク

 - 健康, 育児全般