どうする?幼稚園児の夏休みの過ごし方。

   

スポンサーリンク

もうすぐ長い夏休みが始まりますね…。

だいたい1か月くらいですが、何して過ごそう?と

悩んでおられる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は夏休みの過ごし方を少しご紹介しようかと思います。

 

預かり保育に預ける

預かり保育に預けるのが一番楽ですね。

経済的ではないかもですが…。

子供も慣れた幼稚園でお友達と思いっきり遊べるのは楽しいと思います。

 

長女の通っている幼稚園では預かり保育もカリキュラムがあるので

毎日いろいろなことしているらしいです。

 

わが家も今年は何日か預けてみようかなぁと検討中です。

 

 

お菓子作り・お料理に挑戦

普段は時間がなくても時間がたっぷりあるのが夏休み。

子供はおままごと好きなので、お菓子作りやお料理するのは大好きです。

 

特にお菓子作りはいまプリキュアがスイーツ作りがメインテーマなので

とっつきやすいと思います。

 

プリンやゼリーという簡単なものからはじめていくといいです。

お料理は混ぜたり盛り付けをお願いしたりするとやけどの心配もないですし、

子供本人も楽しいみたいですよ。

 

図書館にいく

スポンサーリンク

空調がきいている図書館で過ごすのもひとつです。

たくさん本があるのでなかなか退屈しなくていいですよ。

読み聞かせ会などのイベントもあるので要チェックです。

 

幼稚園児なら大丈夫だと思いますが、下のお子さんを連れていく場合は

本を破かないよう目を離さないでくださいね。

 

少し遠出

普段あまりいかないところまで少し足を延ばすのも、夏休みの思い出になっていいと思います。

ショッピングモールのキッズコーナーとか空調もきいていますしね。

 

ただ夏休みの平日に母ひとり子複数だと結構大変なので、

余裕をもった計画を立てて下さいね。

大きい場所に母ひとり子複数だと本当に大変です…(実体験あり)。

帰りの電車でこどもみんな寝られたとかもキツイ。

 

祖父母宅へお泊り

これは母はとても楽ですね。

なんなら合宿と称して1週間ほど子供だけ泊まらせると本当に楽です。

ただ祖父母の体力がどこまでもつか…。

そこが一番のポイントかもしれませんね(笑)。

 

短期の習い事

水泳や英語などの短期集中レッスンに参加するのもひとつです。

この習い事に挑戦したい!と子供が言っているのなら、

この夏休み中にはじめるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

夏休みは普段できないことに挑戦できるいいチャンスです。

毎日刺激的に過ごす必要はないと思います。

メリハリをつけて親子共々疲れないようにしたいですね。

スポンサーリンク

 - 幼稚園関連, 育児の悩み解消法