2歳差姉妹の子育てに奮闘中!のママが子育て中心のお役立ち情報を発信するブログです。家計改善にも力入れています!!

タイツのデニール、気温によって使い分けよう!タイツはいつから履く?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

タイツにはいろいろなデニールがあります。

 

でもどれくらいの気温でどのデニールのものを選ぶかって、結構迷いませんか?

 

気温によってデニールの数字を使い分けると、寒い日でも毎日快適に過ごせますよ!」

 

今回はタイツのいつからいつまで履くものなのか、気温とデニールとの関係などをまとめてみました!

 

タイツはいつからいつまで履く?

タイツは朝夕冷えてくる10月頃から履くのが一般的。

 

気温でいうと20度以下になった頃ですね。

 

そして春先の3月頃までは寒い日もありますので、その辺りまで履くのが一般的な感じです。

 

こちらもやはり20度前後の気温になった頃までですね。

 

ちなみに私も10月頃から3月頃までタイツを履いています。

 

ストッキングや靴下だけだと寒いなと感じたら、私は履くようにしています。

 

どれくらいの気温でどれくらいのデニールのを履くといい?

スポンサーリンク

一概にタイツと言ってもデニールによってかなり印象も変わりますし、温かさも違います。

 

それぞれの季節や気温でどのタイプがいいのか挙げていきます。

 

秋口や春先など気温が20度以下になる頃

20~40デニールがおすすめ。

 

全体的に透け感があるので暑苦しい感じにもなりません。

 

30デニールでこんな感じ↓

 

ストッキングよりは厚手で、透け感が少なくなるというような感じですね。

 

秋や春のファッションとの相性もいいです!

 

 

秋など15度以下になる頃

40~60デニールほどがおすすめ。

 

透け感があるとキレイめな感じ、透け感がない感じだとカジュアルな感じになります。

 

60デニールだと透け感がかなり少なくなりますので、寒い日やカジュアルな服装な日にいいですね。

 

 

真冬など10度以下になる頃

80デニール以上の厚手のもの、裏起毛のもの、発熱タイプのものがおすすめ。

 

本格的に寒くなってきたら、肌が全く透けないタイプのものだと温かくて快適です。

 

110デニール以上だとかなり温かいので、めちゃくちゃ寒くて辛い!という日にはぜひおすすめ。

 

発熱するタイプのものもかなり温かいのでいいですよ!

 

ちなみに…320デニールというものもあるみたいですね↓

 

裏起毛でめちゃ暖かそうです。

 

 

さいごに

気温とそれに合ったタイツのデニールの数字を見てきました。

 

体感温度はそれぞれだとは思いますが、参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

一言でタイツと言っても、肌の透け感などで印象はかなり違うもの。

 

季節のファッションやその日の気温などで選ぶと、ファッション性の良さと温かさが両立できていいですよ!

 

うまく選んで、ファッションも温かさも欲張っていきましょう!

 

寒い日でもタイツを味方にして、ファッションを楽しむことを諦めないでくださいね。

 

その他、タイツについてはこちらもどうぞ↓

タイツが落ちる!こうすれば落ちないからぜひやってみて!!

 

タイツの洗い方!毛玉にならない洗濯方法ってあるの??

 

お葬式にタイツを履きたいけれど、80デニールとかはダメ?

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 2歳差姉妹子育て中ママのかわいい毎日 , 2020 All Rights Reserved.