ごはんを食べない子供にイライラ…そうならないために。

   

スポンサーリンク

こどもがごはんを残す、食べるのに時間がかかる。

母親の悩みあるあるだと思います。

 

こどもの体のことを思えば、作った食事は全部食べて欲しいですし、

せっかく作ったごはんをゴミ箱に捨てるのは本当に悲しいです。

そのせいでイライラしてしまう方も多いと思います。

 

今回はそのイライラを少しでも減らす方法をお伝えしたいと思います。

 

無理に食べさせない

こどもが食べない理由は基本、おなかがすいていない場合や

体調がよくないという場合がほとんどです。

 

それなのに無理やり食べさせると食べること自体が嫌になってしまう可能性もあります。

 

というわけでもう食べないと言った場合はまず体調が悪くないか確認しましょう。

そのうえで無理せず食べ終わらせましょう。

後でおなかがすいたという場合はお菓子ではなく、おにぎりなど軽食をあげます。

 

あとおやつやジュースの量が多くてごはんが食べられないという可能性もあります。

甘いものが多すぎないかもチェックしましょう。

 

盛り付けは少な目

スポンサーリンク

小食な子だとテーブルにたくさんごはんが並ぶだけでしんどくなります。

実は私が幼い頃がそうで、量の多いごはんは見ただけでもう嫌と思うほどでした。

 

少なく盛り付けてもし足りないとなればおかわりで対応しましょう。

ごはんを捨てることも減るので親の精神衛生にもいいです。

 

手のこんだものを作らない(特に忙しいとき)

こどもが食べてくれるだろうと思い手間暇かけた料理。

これを食べてくれないとかなり精神的なダメージを負います。

それこそ怒りからイライラしてこどもに当たってしまってはお互いにいいことがありません。

 

こどもは結構シンプルな料理を好むことが多いです。

そして手を抜いたものほどなぜかよく食べるます。

 

食べ方にムラがある場合は手のこんだ料理はやめましょう。

 

まとめ

絶対に全部食べさせなきゃ!と思わずに多少食べてくれたらいいなと

気持ちを切り替えることが大事だと思います。

食べる量は親がどうこうしてできるものでもありません。

こちらの努力でどうにかできることは、たかがしれています。

 

おやつなどの甘いものの量や時間だけ気をつけて、

親子で楽しい食事時間を過ごしてください。

スポンサーリンク

 - 育児の悩み解消法