お泊り保育を嫌がる!その心配への対処法お教えします。

   

スポンサーリンク

年長組になるとある、お泊り保育

親と離れて夜を過ごすということで

嫌がる子も多いのだとか…。

長女もそうでした。

 

今回はそんなお泊り保育を嫌がっていた娘が

お泊り保育楽しみ!になり実際にお泊り保育に

いって帰ってくるまでのことを書きたいと思います。

 

子供さんが嫌がってて大丈夫かな…

心配な方のお役に立てればうれしいです。

 

お泊り保育、嫌がっていました。

 

長女が年中の頃、当時年長の子と

通園バスのバス停が一緒でした。

 

その子がもうすぐお泊り保育でという話を

母親同士でしていてそれを聞いた

長女と私の会話が↓こちら。

 

長女「お泊り保育ってなに?」

私「大きい組さん(年長組のこと)は幼稚園に

先生とお友達をお泊りするんだよ。」

(長女・次女が通っている幼稚園では

お泊り保育は幼稚園で実施されます)

長女「ママは?」

私「ママはお泊りしないよ~。

先生とお友達だけでお泊りするんだよ。」

長女「え!ママと離れたくないから

お泊り保育行かない!」

私「いやいや。みんなで花火とかするんだよー。

楽しそうでいいなぁ。」

長女「嫌!絶対行かない!!」

 

その後も年中の間はずっとこんな調子でした。

楽しいんだよーとかいろいろ言っていても

ママと離れたくないから○○ちゃんは行かないの。

と頑なにお泊り保育全否定。

 

ちなみに長女も次女も親と離れて

夜を過ごした経験ありです。

1歳~2歳での経験なので、

あまり覚えてないのかもしれませんね。

 

お泊り保育嫌がってて…と先輩ママさんに話すと

「年長になってお泊り保育の日が近くなると

どんなパジャマにするの?と

か友達同士で話になるから

楽しみになってくるみたいよ?

だから大丈夫じゃない??」

とアドバイスされました。

 

新しいパジャマ作戦!!

スポンサーリンク

先ほどのアドバイスで思いついたのが

新しいパジャマを買ってそれを

モチベーションにしようということでした。

 

長女は「ぱじゃじゃじゃーん」でおなじみ、

光るパジャマを以前から欲しがっていたので

それを買ってお泊り保育に行こう!と提案しました。

 

それを言ったとたん、

「お泊り保育行く。」

「あぁ~プリキュアの光るパジャマで

お泊り保育か…楽しみ!」

とこれまでとは打って変わって

お泊り保育が楽しみな園児になりました。

 

というわけで、パジャマ作戦は

見事に成功しました。

光るパジャマ効果すごいですよ!!

 

あとは何かとお泊り保育で使うものを

子供と一緒に買い揃えていくのも

ワクワク感があってお泊り保育への

モチベーション上げに役立つと思います。

 

幼稚園でも気分は盛り上げてくれる

私自身も洗脳に近いほど(笑)

「お泊り保育は花火やったり楽しいよ。」

というようなことをこの1年繰り返し話してきました。

 

もちろん幼稚園でもお泊り保育は

すごく楽しいんだということを

ずっとお話してくれていたようです。

その幼稚園と家出の相乗効果か、

長女はお泊り保育を

かなり楽しみにしていたようです。

 

夜寝るときが不安?

いろいろなプログラムがあるうちはいいけれど

いざ寝るときになるとさみしくなって泣き出さないかな

と不安に思う方もいるかと思います。

 

でも先生曰く、日中のプログラムをこなすのに疲れて

そんなに長い時間目がもたないようです。

実際長女も早々と眠っていたと先生から聞きました。

 

あとはおねしょが心配でという話もよく聞きますが、

お泊り保育の時はオムツ持参OKとどこの園でも

聞きますので、先生に事前に相談してみてください。

 

親の方がさみしい?

よく親の方が子供と離れるのが辛くてと

聞きますが、私あまりこの感覚がなくて。

今頃○○してる頃だねーと夫や次女と

話しをしていたくらいです。

 

送った時も迎えに行ったときも

長女がめっちゃあっさりしていたからかな?

と思います。

とはいえ、何となくたくましくなったかなぁ

という感じはありますね。

ひとまわり成長してくれたんじゃないかと思います。

 

まとめ

個人的には子供が欲しがっている

新しいパジャマを買うというのはオススメです。

一気にモチベーション上がりましたよ!

 

あとは洗脳というか(笑)

楽しいんだということを

たくさん伝えてあげるといいと思います。

 

親子ともども楽しいお泊り保育に

なりますように。

スポンサーリンク

 - 幼稚園関連, 育児の悩み解消法