子供服の毛玉、なんとかしたい!毛玉を予防する方法。

   

スポンサーリンク

子供服はなるべく安いもので。と考えている方多いと思います。

しかし!安いものは小さな毛玉がついてしまって…ということも多いです。

実際、私も娘たちに着せている服で小さな毛玉が気になる…というものがあります。

 

今回はその子供服の毛玉問題の解決方法を探っていきたいと思います。

 

まずは服の素材選びから!

毛玉はできやすい素材とできにくい素材があると言われています。

 

毛玉ができやすい素材は

・ポリエステル

・レーヨン

・アクリル

などの化学繊維。

化学繊維は繊維が長いうえに熱に弱いため、摩擦が起こると毛玉になりやすいのです。

化学繊維と天然繊維が混ざったものも毛玉がつきやすい上に取れにくいです。

 

逆に毛玉ができにくいのは

・綿

・麻

・絹

などの天然繊維です。

天然繊維は繊維が短いうえに熱にも強いため、摩擦が毛玉になりにくいということになります。

仮に毛玉ができても取れやすいです。

 

このことから天然繊維を素材に選ぶのが、毛玉予防のためのポイントになります。

子供服の場合、綿100%のものを選べば、毛玉に悩まされることはほぼないです。

 

娘の服を見ていると、毛玉がついているのは綿とポリエステルが混ざったものばかりでした…。

逆に綿100%のものはほぼ毛玉がない状態でした。

やはり綿100%のものは毛玉に強いようです。

 

毛玉が予防する洗濯の仕方

スポンサーリンク

できれば綿100%のものを。

そうは思っていてもデザインなどの関係で、なかなか綿100%の服ばかり買えないものです。

そこで、その他の素材でも毛玉が予防できる洗濯の仕方をご紹介します。

 

・裏返して洗う

表面に毛玉がつくのを防止することができます。

 

・洗濯ネットに入れる

1枚につき1つのネットを使います。

更にネットの中で洋服が遊ばないようにジャストサイズにし、

網目の細かいものを使用します。

 

・ドラム式の洗濯機を使う

ドラム式の洗濯機は叩き洗いなので、

摩擦が起きにくく毛玉がつきにくいと言われています。

 

・柔軟剤を使う

毛玉の原因である摩擦や静電気を防止してくれます。

 

・洗濯するときにたくさん入れ過ぎない

服同士で摩擦が起こり、毛玉の原因になります。

 

まとめ

子供服はできるだけ綿100%のものを選ぶようにすると、

毛玉に悩まされる機会は減ります。

 

もしそれ以外の素材の場合でも、お洗濯の方法に気をつければ

毛玉がつくことを防止することも。

 

ただ子供はある程度汚すものだからそんなに気にしない!と割り切るのも

ひとつだと思います。

スポンサーリンク

 - 家事, 育児の悩み解消法