2歳差姉妹の子育てに奮闘中!のママが子育て中心のお役立ち情報を発信するブログです。家計改善にも力入れています!!

入園式での女の子の髪型は?帽子をかぶっても大丈夫なものをご紹介!

2020/04/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

桜が咲いたらもうすぐ入園式!

 

お子さんの成長楽しみですね。

 

今回は入園式での女の子の髪型をご紹介します。

 

帽子をかぶるときのことも考えてみました!

 

 

いろいろとポイントがありますので、参考にしていただけたらありがたいです。

 

 

その他入園式関連は↓こちら

 

関連記事:セレモニースーツの着回しはできる?入学式ママのスーツはどうする?

 

卒園式と入学式の服装が同じで大丈夫?ママのスーツはどうするべき??

 

入学式、女の子は何着ていく?レンタルもあるよ!

 

入園式での女の子のオススメの髪型

それでは長さ別にオススメの髪型をご紹介します。

 

どんな髪型にするにしても、髪の毛を触ってしまって、セットが崩れてしまうこともあります。

 

すぐに直せるものの方がいいと個人的に思います。

 

ロングヘア

飾りゴムでツインテール

これは結構王道かなと思います。

 

実際に娘たちの入園式でも、この髪型の子が多かったです。

 

となりのトトロのメイちゃんのように、高めに結ぶのではなく耳辺りで結んであげると、帽子をかぶるときに邪魔になりにくいです。

 

メイちゃんも麦わら帽子かぶってましたよね。

 

 

三つ編みや編み込みをしてからの2つくくり

 

先に述べた2つくくりに、三つ編みや編み込みをして飾りゴムで結ぶというもの。

 

これは耳より下にゴムがきますので、帽子の邪魔にもなりません。

 

宝塚音楽学校の娘役の生徒さんの髪型を想像してもらったらいいかと思います。

 

清潔感もあって素敵になります。

 

ボブやショートヘア

ハーフアップ

↑の写真のようにリボンや飾りゴムをつけてあげると、後ろから見たときに見つけやすくていいですよ。

 

あまりに飾りが大きすぎると帽子がかぶりにくくなるので、適度な大きさにしてあげてくださいね。

 

ピンを留める

 

サイドやバックを飾りのついたピンで留めてあげるだけでもかわいいと思います。

 

入園式前にお気に入りを一緒に買いにいくのも、入園式が楽しみになっていいですね。

 

入園式での髪型のポイント

スポンサーリンク

入園式で女の子の髪型のポイントは

 

・後ろから見て誰かわかる

 

・顔に影がかからない

 

の2つです。

 

理由を見ていきましょう!

 

後ろから見て誰かわかる

入園式では舞台のすぐ前が園児席、その後ろに保護者席というパターンがほとんどだと思います。

 

私服の幼稚園であれば、服装でわが子がどこにすわっているかわかるかと思います。

 

しかし制服の幼稚園ではみんな同じ服を着ています。

 

相当背が高いなど何かしらの特徴がない限り、見分けるのはかなり難しくなります。

 

 

そういう点で後ろから見て○○ちゃんだ!とわかる方が、写真やビデオを撮るのに適しています。

 

 

実は長女のときにこのポイントに気付かず、どこにいるか探すのにすごく苦労しました。

 

ふつうにボブの髪型で特に飾りもつけなかったのです。

 

その経験から、次女はツインテールにしてわかりやすく飾りゴムをつけて入園式にいきました。

 

すぐに探せたのでビデオも撮りやすかったです。

 

顔に影がかからない

 

入園式では何かと写真を撮ることが多いですね。

 

その時に前髪がサイドの髪が長めだと、顔が髪に隠れてしまったり影になってしまったりで、はっきりと写らなくなってしまいます。

 

入園式前に顔周りの髪は前髪を切るか、ピンで留めるなど顔がはっきりわかるようにしておきましょう。

 

帽子をかぶる?

幼稚園ではだいたいの園で制帽があると思います。

 

入園式でもかぶってくるようにと言われるでしょう。

 

そうなるとポニーテールなど高い位置でまとめる方法は厳しいですね。

 

帽子をかぶるのかどうかでまた髪型も変わってきます。

 

さいごに

入園式の髪型は後ろから見つけやすくて、帽子がかぶれるようなものであればOK。

 

ぜひ親子でお気に入りになるような髪型を見つけてくださいね。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 2歳差姉妹子育て中ママのかわいい毎日 , 2019 All Rights Reserved.