婚約指輪をエタニティにすると後悔する?理由を考えてみた。

   

スポンサーリンク

婚約指輪といえば一粒ダイヤのプラチナリング!

と考える方が多いのはないでしょうか。

ただ今はそれ以外のデザインのものも増え、

そしてエタニティリングを選ばれている方も多くいらっしゃるそうで。

ただエタニティリングを婚約指輪にすると

後悔してしまう人もなかにはいるようです。

婚約指輪をエタニティリングにすると

後悔してしまうのはなぜなのでしょうか。

その理由を考えてみました。

 

婚約指輪をエタニティリングに。

冒頭でも言いましたが、婚約指輪は立爪の一粒のダイヤモンド。

と考える人が多いと思います。

 

私もやはり婚約指輪はこういったものが普通だと思っており、

実際に婚約指輪に選んだものも、一粒のダイヤモンドのものを選びました。

ただし、私自身おっちょこちょいでいろいろなところに

ひっかけてしまう心配があったので、立爪ではなく

ダイヤモンドが埋めこまれているタイプの指輪を選びました。

 

立爪の一粒のダイヤモンドの婚約指輪は、

私のようにひっかけてしまう心配や

ザ・婚約指輪という感じで普段使いしにくいので

どうしてもケースにしまってしまいがち。

 

そのため立爪の一粒のダイヤモンドの指輪と違い、

実用性を重視して、最近はエタニティリングも人気があるようです。

エタニティリングとは指輪の周りをぐるっとダイヤで囲んである指輪のことです。

かなり華やかなエタニティリング。

実際私も婚約指輪にエタニティリングは検討しました。

 

婚約指輪をエタニティにするメリット

スポンサーリンク

いつでもつけられる

エタニティリングなら普段からつけやすいです。

いかにも婚約指輪!という感じにならないので、普段使いにも。

育児中は特にジュエリーやアクセサリーは使いにくくなります。

そういう点でもエタニティリングは使いやすくていいと思います。

 

傷がつきにくい

ダイヤモンドで囲まているので、そんな簡単には傷がつきません。

仮に傷がついてもかなり目立ちにくいです。

そういう点ではやはり普段使いにしやすいので、

実用的な指輪ですね。

 

婚約指輪をエタニティにするデメリット

男性側が納得しない

イメージの問題ですが、プロポーズ=立爪1粒ダイヤと考えている男性は結構多いです。

私の主人もそうでした。

私がエタニティリングがいいかも!と言ったら

プロポーズっていったら1粒のダイヤの指輪でしょ?という感じでした。

もちろん私が絶対エタニティがいい!という場合、

おそらく主人は譲歩したとは思います。

 

でも一生に一度のプロポーズ。

お互いに納得したものにしたかったし、そこまでエタニティじゃないと!

という気持ちがなかったので、私は1粒タイプのダイヤの指輪を選びました。

 

婚約の特別感が少なく感じる人も

婚約指輪は一生に一度だけ贈られるもの。

とても特別なものです。

人生で立爪のダイヤの指輪をもらう機会なんて基本、婚約のときだけです。

 

他方、エタニティリングは結婚記念日(スイートテンなど10周年など)で

贈られることもあります。

つまりエタニティリングを贈られる機会は、

結婚してから後にもたくさんあるのです。

 

そのため、婚約指輪!という特別な感情が持てずに

後悔してしまう人もいるのだそうです。

 

サイズ直しがしにくい(できない)

フルエタニティの場合はサイズ直しができません。

仮にサイズ直しができる場合もかなり高額になるそうです。

 

女性は妊娠や出産、さらに加齢や体重の増加で

指のサイズはどんどん変わっていきます。

そのため、ひとつの指輪をどうしても長い期間つけられなくなる

可能性があります。

 

どうしてもエタニティでできるだけ長く使いたい場合は、

ハーフエタニティにすることをおすすめします。

 

関連記事:結婚指輪はハーフエタニティだと後悔なく、子育て中でもOK!

 

まとめ

・エタニティリングは実用性が高く、普段使いしやすい。

・エタニティリングだと特別感を少なく感じてしまう人も。

 

後悔するかしないかは本当にその人しだいです。

人はどんどん好みや生活スタイルなどが変化していくもの。

先のことなど本当にわかりません。

その時納得できたものなら、正解なのではないでしょうか。

私はそのように思います。

スポンサーリンク

 - ママのファッション・美容情報, 結婚関係