ディズニーでの待ち時間の暇つぶしは?子供と楽しく過ごす方法

      2018/05/21

スポンサーリンク

楽しみなディズニー行き、でも待ち時間が不安。

特に小さな子供と一緒に行くとなると

どうやって暇つぶしをしようかと

悩んでいる方多いのではないでしょうか。

 

こうすれば楽しく過ごせる!というものを

ご紹介しようと思います。

実際に試したものばかりです。

 

待ち時間は長くても40分位が限度!

 

 

小さい子供(幼児連れ)の場合の待ち時間は

長くても40分程度が限界かなと感じました。

1時間待ち時間があるものはファストパスを利用するか

もう乗らないと諦めるかというところだな私は感じました。

小学生以上なら携帯ゲーム機があったりするので

それ以上でも大丈夫ではないかなぁと

今回ディズニーに行って周りを見ていて感じました。

 

やっぱりもぐもぐタイム(笑)

もうね、やはりこれが一番ききました!

 

 

 

ポップコーンを食べさせたり

お菓子を食べさせたりして暇つぶし!

 

 

 

今はポップコーンだけではなく、

ジェリービーンズやマーブルチョコを入れる

スーベニアケースも販売されているので、

これらを使って食べさせると特別感も出るのか

結構大人しく待ってくれていました。

 

ただし、こぼさないように気をつけてくださいね。

うちの次女はこれでもか!というくらい

チョコレートを落としていましたので。

ステラルーのチョコレートの

スーベニアケースは要注意です(笑)。

本人に開け閉めをさせると閉めきれてなくて

チョコレートが勝手に出ちゃったというのが

何回かあったので、子供が閉めたら大人が確認すると

無駄に落とさなくて済むかもです。

 

パレードやショー、周りの景色を楽しむ

これはアトラクションが限られてきますが…

 

うちはディズニーランドのピーターパン

(40分待ち)のときに

お昼のパレードが始まりました。

ちょうど列も前の方になっていたので

少し高いところからパレードを

見ることができました。

 

あとはディズニーランドのデイジーとの

グリーティング(35分待ち)に並んでいるときは

蒸気船や汽車がすぐ横を通ったりしていたので

お客さんに向かって手を振ったりして楽しんでいました。

ディズニーってキャストさんはもちろん、

お客さんも手を振ってくれる率が高いので

手の振りがいがあるなぁといつも感じます。

 

ディズニーシーでは

ジャスミンのフライングカーペットで

(25分待ち)のときは壁画をバックに

写真を撮ったりして楽しんでいました。

 

 

この場合は必ず前の列が進んでないかどうか

確認しながらにしましょう。

 

結構列が進んでるのに気付かずで後ろの人が迷惑…

ということにならないよう、

くれぐれも気をつけてくださいね。

 

園内マップやTODAY

スポンサーリンク

ディズニーに入園したら

園内の案内マップやTODAYを

もらっておきましょう。

 

仮に字が読めなくても

見ているだけで楽しいようです。

次はここに行こうか!とかこれ食べたいね!

などと並んでいる間に

計画を立てるのも楽しいですよ。

 

スマホ

上記のものがダメになってきたら

スマホも使っていきましょう!

 

ディズニーに入園してからそれまでに撮りためた

写真や動画を見せるのがおすすめです。

 

くれぐれも親だけ暇つぶしでゲームとか

しないようにしてくださいね。

暇なのは大人も子供も一緒です。

ゲームをする場合は子供も一緒に

できるものをしましょう!

 

抱っこ

ぐずったりしてきたら抱っこしてあげると

結構ご機嫌になりました。

 

でもこれは本当に最終手段にしてください!

なぜなら、抱っこされてそのまま眠ってしまうからです。

 

眠ってしまうとせっかく乗る順番が来ても

そのアトラクションに乗るのは諦めなければ

いけなくなる場合があるからです。

 

 

実際次女が機嫌が悪くなってきたので

抱っこしたらそのまま眠ってしまい、

順番になったので起こしたのですが、

眠たいと泣き叫びとても乗れる状態ではなく、

泣く泣く乗るのを諦めたアトラクションがありました。

 

というわけで寝起きがいい子はいいですが、

そうではない場合はうまいこと使い分けて下さい。

寝たまま抱っこしたままでも

乗れるものならいいですが、

そうではないアトラクションが多いので、

気をつけてくださいね。

 

さいごに

待ち時間どうしようかというのは

どの親も結構悩みの種だったりすると思います。

 

基本は長すぎる待ち時間(1時間越え)は避けて、

何かしら親子ともに楽しめるものであれば

なんでもいいかと思います。

今回ご紹介したどれか一つだけで

暇つぶしは厳しいかと思いますが、

いろいろと組み合わせて長い待ち時間も

楽しんでくださいね。

 

楽しい思い出を。

スポンサーリンク

 - こどもと一緒にいったところ・したこと, ディズニー, 育児の悩み解消法