2歳差姉妹の子育てに奮闘中!のママが子育て中心のお役立ち情報を発信するブログです。家計改善にも力入れています!!

子乗せ自転車のカバーは必要?雨の日はどうするのが正解??

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

幼稚園や保育園、習い事の送迎に便利な子乗せ自転車。

小回りも利くし、車と違って駐輪場所もある程度融通が利きます。

でも問題は雨の日。

今回は子乗せ自転車にカバーは必要かどうかを考えたいと思います。

 

子乗せ自転車のカバー、雨の日はやっぱり必要?

私は実際に2人の子供を自転車に乗せて

幼稚園を行き来したり、習い事に送迎したりしています。

 

子供乗せの自転車を買って少ししてから

街行く子乗自転車を見ていると

カバーがついているのに気付きました。

これなら雨よけられるしいいよね!と思い

前も後ろもレインカバーを買いました。

で、実際に雨の日に使ってみて思わぬ誤算がありました。

 

雨の日にレインカバーはオススメしない?

レインカバーがあれば

子供も荷物も濡れないしいいやん!と思っていました。

 

でも雨の日に幼稚園に迎えにいったときに気づきました。

レインカバーだけではダメだわということでした。

 

自宅を出るときは屋根がある自転車置き場から出発します。

幼稚園に着いて自転車を止めるところには屋根がありません。

そして駐輪所から幼稚園の保育室に行くまでも屋根がありません。

レインカバーのついた自転車で来た場合、

子供用の傘なりレインコートなり雨をよけるものが必要なのです。

つまり荷物や手間が増えるわけです。

 

子供1人なら親の傘に相合傘でもいいかもしれませんが、

子供2人ならちょっと厳しいです。

はじめからレインコートを着て自転車に乗っていれば

傘は必要ないということに気づきました。

 

屋根があるところから屋根があるところへの移動なら

レインカバーのみで大丈夫かと思います。

でもそうじゃないのならレインカバーだけでは

厳しいのではないかなというのが私の意見です。

 

レインカバーは使えないのか

じゃあレインカバーは使えないのかというと

決してそんなことはないです!

レインカバーは寒い日には大活躍します。

 

私は冬はレインカバーつけっぱなしにしています。

レインカバーがあれば寒い風から子供を守れるのです。

 

よく冬になると自転車の上で毛布にくるまっている

子供さん見かけませんか?

ペダルをこいでいる親はそこまで感じませんが

子供は基本ジッとしているのでめちゃくちゃ寒いみたいです。

 

レインカバーをつけていれば少なくとも風は防げます。

レインカバー+毛布なら寒さ対策バッチリです。

風が防げれば寒さは随分マシですので、

そういうときに役に立ちます。

 

雨の日はレインコート、寒い日はレインカバー

スポンサーリンク

個人的には自転車で雨の日はレインコート、

寒い日はレインカバーをオススメします。

 

もちろん屋根があったり地下の自転車置き場など

雨がしのげる場所から出発する、雨がしのげる場所へ到着するなら

レインカバーの方が荷物も濡れずに済むのでオススメです。

 

ただ幼稚園や保育園って、だいたい自転車置き場に

屋根がない場合が多いです。

幼稚園や保育園の送迎のときは

レインコートの方がいいと思います。

 

たまに子供が自転車の後ろに乗って

傘をさしているのを見かけますが

風が強いと煽られて危ないので

やめた方がいいと思います。

 

レインカバーが役にたつこと

レインカバーが他に役に立つのは

自分の自転車がどれか探しやすいということです。

幼稚園の参観のときなどは同じような形の自転車が

たくさん並びます。

そんなときにレインカバーつけておけばすぐに見つけ出せますよ!

レインカバーもいろいろな形、柄、色がありますので

ぜひお気に入りを探してみてください。

 

さいごに

レインカバーは寒い日に特に大活躍してくれます。

あと駐輪場で自分の自転車が探しやすくなりますよ。

持っていて決して損はないので

自分や子供のお気に入りを一つ持っておくと

いいかもしれません。

快適な自転車ライフをお過ごしください。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 2歳差姉妹子育て中ママのかわいい毎日 , 2019 All Rights Reserved.